【米国の利下げが為替相場に与える影響とは?】

FX 為替

ダウ平均株価は2020年1月15日に過去最高値の2万9030ドルをつけるなど、ドランプ大統領就任以降、非常に強い経済状態でした。

これまで米国は度重なる利上げをしてきましたが、2019年以降は利下げにシフトしています。

Information

利上げ:政策金利を引き上げること
利下げ:政策金利を引き下げること

利下げの目的

政策金利を下げる目的は、市場金利が下落して金業や個人がお金を借りやすくなり、設備投資や個人消費を刺激することにより、経済の循環を良くするために行われます。

米国の政策金利は為替、株、債券などの金融市場に大きな影響を与え、投資家の大きな判断材料になります。

今回は「米国が利下げをする理由」「「利下げによる金融市場の影響」の2点について解説します。

①ドルの価値が下落する

米国が利下げをすると、ドルに投資しても貰える金利が少なくなるため、投資家はドルを売り、他の金融商品に資産を移動させます。

そうすると、ドルの価値は相対的に下落するため、為替相場にも大きな影響を及ぼします。

例えば、ドル円の場合、ドルの価値が落ちるため円高傾向が強くなります。

ただ、米国の利下げによってユーロ円やオージー円などのクロス円がすべて円高になるわけではありません。

これは単にドルの価値が円に対して下落するために起こる事象であり、他のクロス円は全く違う動きとなることがあります。

②新興国や資源国通貨の価値が上昇する

米国の金利が高い状況下では、投資家は比較的安全な資産かつ金利が高いドルに資産を移します。

しかし利下げの可能性が示唆されたり、実際に利下げが起こる場合では、投資家はこれまでの金利の恩恵が受け取れないため、他の投資先を探すようになります。

そこで登場するのが政策金利が高い新興国や資源国の通貨です。

③金の価値の上昇

米国の利下げは、米国の景気後退を示唆するものとなります。

米国経済は世界経済の中心でもあるため、利下げによって投資家心理はリスクオフ方向に傾きます。

そのため、安全資産と認識される円や金に資産がシフトされ、結果的に金の価値が上昇することになります。

これが2019年から2020年にかけての金の値動きじゃ。
非常に強い上昇傾向があることが分かる。

fxの達人
fxの達人
カイ
カイ

米国の利下げは金融市場に大きな影響を与えるんですね。

その通りじゃ。
投資を行う際には、米国の金利動向にも注視することが望ましいよ。

fxの達人
fxの達人
カイ
カイ

わかりました。
実践してみます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました